ボニックが痛い理由

ボニックは、超音波とEMSのWパワーで体の気になる部分を引き締めることができるボディーケアマシンです。
気になる部分に毎日5分使うだけとお手軽な感じがしますが、ボニックを使って痛いと感じる人がいるようです。 ボニックが痛い理由とは何でしょうか?
ボニックが痛いと感じるのは、EMSモードを使った時のようです。
EMSは電気刺激によって筋肉を収縮させるので、電気の刺激がビリビリと痛いと感じる人が多いみたいですね。 EMSモードを使う際に、ジェルの塗り方が足りなかったり、塗りムラがあったりしても痛いと感じやすいようです。 ボニックが痛いと感じたら、まず弱い出力で短い時間使ってみましょう。
1ヶ所30秒のところ3秒からはじめてみる。。。といった感じで。慣れてくると痛みを感じなくなります。
体に使う部分によって、出力レベルを使い分けるようにしましょう。 お腹と足では、感じ方が違います。出力レベルを上手く調節するようにしましょう。
また、ジェルの塗り方が少なくないか、塗りムラがないかも確認しましょう。
体質によっては、EMSモードに慣れない人もいるので、何度使っても痛みを感じるようであれば、EMSモードを無理に使わないようにしましょう。
ボニックジェルでマッサージするだけでも、効果はあるそうです。